2009・秋勉強会

今回2回目となるとみお教室・勉強会
今回もたくさんの人が見に来てくれました!!



沢山見に来てくださるとうれしいですね!!





まずは開演のご挨拶





一番初めは「ロバサン」と言う曲。
元気いっぱいな歌と演奏を聞かせてくれました。





二番手は「花かげ」
静かで上品な曲を見事に奏でていました。





三味線で「きらきら星」と「かえるの歌」
お孫さんとおばあちゃんががんばって弾いていました。
初めて間もないそうですがそう感じさせない演奏でした。





次は「初秋」と言う曲。名前の通り秋の初めを表現した曲なんだそうです。
ちょっと寂しげで静かな曲でした。





続いて「千鳥の曲」
お琴と尺八のハーモニーが素敵でした。





休憩を挟んで次は沖政先生(左奥)
作曲の「藍玉 秘するは勇気」
とてもリズミカルで熱い曲でした。





続いては社長作曲の祭り太鼓。
お祭りの雰囲気をイメージして作った曲だそうです。





かごめの主題による箏四重奏曲
全体図撮ってなくて残念ですが4台の御琴と尺八からなる
音はとても圧巻でした。





演奏の状態を見守る社長達





最後は太鼓の曲
とても軽やかな曲でした。





最後に記念撮影!!

とても沢山の方が見に来てくださってとても楽しい会でした!!


<ウィンドウを閉じてお戻り下さい>